コドミンの効果を分析してみました【結果はこちら】

コドミン効果

コドミンは『落ち着きが無い』『集中できない』『周りに迷惑をかけてしまい集団行動が行いにくい』など、このような『注意欠如多動性障害(ADHD)』の症状に効果が期待できるサプリメントです。

 

このような状態にあるお子様を見ていると親御さんも不安になると思いますが、それはお子様も同じです。小さい頃はまだ分からなくても、大きくなるにつれて周囲との違いに戸惑い自信を無くしていってしまうのです。

 

そこでお子様には自分に自信をつけてもらう必要があるのです。その手助けが出来るのがコドミンなのです。

 

コドミンには記憶力や集中力、落ち着きに効果が期待できる『PS』という成分が配合されています。そこで『PS』の具体的な効果をこれからまとめていきたいと思います。

 

コドミンの有効成分『ホスファチジルセリン(PS)』とはどんな成分?

 

コドミンに含まれている有効成分『ホスファチジルセリン(PS)』とは、細胞膜を形成する大切な役割を担うリン脂質の1つです。特に神経組織や脳に多く存在しており、『脳の栄養素』とも言われています。

 

大豆や肉類にも含まれており、食物から摂取する事も可能なのですが、含まれているホスファチジルセリン(PS)の量はとても微量です。何と、大豆の中にホスファチジルセリン(PS)は0.003%しか含まれてはいないのです。

 

そしてコドミン1粒には、100mgのホスファチジルセリン(PS)、つまり大豆3.3kg分のPSが含まれているのです!なので、効率よく体内にホスファチジルセリン(PS)を吸収するには、コドミンのようなサプリメントでの摂取が効果的なのです。

 

ホスファチジルセリン(PS)の効果3点!

 

ホスファチジルセリン(PS)を摂取する事により得られる効果を3点挙げていきます。

 

@ 集中力や記憶力の向上効果

 

ホスファチジルセリン(PS)はドーパミンやセロトニンといった情報伝達物質の分泌を助ける効果があります。この事により集中力や記憶力の向上、ADHDの症状である落ち着きの無さや周囲への迷惑行為などの症状に高い効果が期待できるのです。

 

A ストレスの軽減効果

 

ホスファチジルセリン(PS)には、ストレスホルモンであるコルチゾールを抑制する働きがあります。コルチゾールが体内に大量にある状態ですと、うつ症状や感情鈍麻、朝目覚められない、記憶力の低下や免疫力の低下が起きてしまいます。

 

ADHDの症状である朝起きられない事や物忘れが酷いなど、ホスファチジルセリン(PS)を服用してコルチゾールを減らしていけば改善していきそうですね。

 

B 認知症など、記憶障害の改善・予防効果

 

ホスファチジルセリン(PS)は脳細胞膜を柔らかくして栄養素を送り込みやすくする作用や脳内の老廃物を排出しやすくする作用があります。その為、加齢による記憶力の低下などにも高い効果があります。

 

ADHDの症状に、ホスファチジルセリン(PS)はとても高い効果が期待できるという研究結果も出ています。用量を守りさえすれば特に副作用も無く安心してお使いいただける成分なんです。

 

特にコドミンは、国内のGMP認定工場で医薬品と同じレベルで製造されているサプリメントです。お子様の口に入れるものですから、コドミンのように安全性が確保された商品なら安心ですよね。

 

安心・安全のコドミンで、お子様の症状を緩和して笑顔あふれる日常を手に入れてみませんか?

 

>>コドミンの効果はこちら