副作用はある?ない?【疑問解消】

コドミン副作用

コドミンは、落ち着きの無いお子様の挙動でお困りの親御さんに、是非とも購入して頂きたい商品です。

 

コドミンがお子様の悩ましい症状に効果が期待できるとは言っても、副作用が出る危険性は無いのかや、安全性が確保された状況で作られているのか等はとても気になりますよね。

 

小さなお子様は特に食品からの影響が出やすいですし、安全性の低いサプリメントを服用して成長に支障が出るなどの副作用が出たら堪ったものではありませんよね。

 

そこで今回はコドミンに副作用の危険性があるのかと、お子様が口にしても大丈夫という安全性が確保されているのかなどを調べてみました。

 

コドミンの有効成分『ホスファチジルセリン』で副作用が出る危険性はあるの?

 

コドミンに使われている『ホスファチジルセリン(PS)』は、しっかりと摂取用量を守れば副作用の心配は無いとされています。

 

コドミンの有効成分である『ホスファチジルセリン(PS)』という成分は、元々脳や神経組織に多く存在している成分で、脳の情報伝達にとても大切な役割を担っています。この成分は主に大豆や肉などの食物に含まれています。

 

元々体内に存在し、私たちの食事にとっても身近な存在である『大豆』に含まれている成分ならば、副作用の心配が無いのも頷けますよね。

 

過剰摂取は厳禁!一度に大量摂取ではなく、長期服用で効果を実感♪

 

上記で副作用の心配は無い、と書きましたが、それはあくまで用量を守った場合になります。健康に良いと言われている食品でも、多く摂り過ぎては害になってしまう事もありますよね。

 

食品に元々含まれている成分ですし、用量を守っていれば問題はありませんが、ホスファチジルセリン(PS)は大量に摂取し続けると『胃腸障害』『不眠』などの症状が出る危険性があります。

 

コドミン1粒には100mgのホスファチジルセリン(PS)が含まれており、コドミンの1日の摂取容量は1~2粒とされています。

 

最初の1ヵ月程度は3粒でも良いと公式サイトでも述べてはいますが、大量に毎日飲み続けるのはあまり好ましくありません。

 

一度に大量に飲むのではなく、継続的にコドミンを飲み続ける事により、ホスファチジルセリン(PS)の効果を実感しやすくなりますので、最低でも3ヵ月は継続的に飲み続けて変化を見てあげて下さいね。

 

アレルギーをお持ちの方やコリン系の薬との併用には注意が必要!

 

ホスファチジルセリン(PS)を含有しているコドミンは、摂取量を守っていれば副作用はありませんが、摂取時に注意した方が良い方もいます。

 

@ 大豆アレルギーをお持ちの方

ホスファチジルセリン(PS)は大豆から成分を抽出していますので、大豆アレルギーの方は服用を避けた方が安心でしょう。

 

A 何らかの疾病により通院している方

病院で薬を処方されている方は医師や薬剤師に相談してみて下さい。特に、抗コリン系の薬との併用は避けた方が良いとされています。

 

B 妊娠中や授乳をしている方

コドミンは集中力を必要とする大人の方でも服用をする事が出来ます。ですが、妊娠中や授乳中などは体の変化に敏感になる時期ですので、避けた方が無難でしょう。

 

これらに該当する人は、コドミンの服用は避けるか、かかりつけの医師に相談してくださいね。

 

GMP認定工場で作られた安心安全なコドミン!

 

大人の方でも飲む事が出来るコドミンですが、元はお子様の笑顔を取り戻すために作られたサプリメントです。

 

お子様の口に入る物ですから、安心・安全を徹底的に追及する必要があります。その為コドミンは国内の『GMP認定工場』で医薬品と同じように品質管理を徹底的に行い製造されています。

 

国内の優良工場で作られているコドミンなら、摂取量をしっかりと守れば副作用に悩まされる事も無くお子様の悩みを解決する手助けをしてくれる事でしょう。

 

お子様とご家族の皆様の明るい笑顔を1日でも早く取り戻すためにも、是非コドミンを試してみてはいかがでしょうか?

 

>>コドミンの公式販売店はこちら